I・O DATA WN−G54/R2

感想・評価

小型軽量で、四角い無駄の無いデザイン、強力マグネットが標準装備で、設置レイアウトの自由度が高く、価格も当時のこのクラスでは破格の部類に入ったのではないかと思います。

設定項目も豊富で、アクセス制限、仮想サーバ、ダイナミックDNSの無料提供(iobb.netのみ)等、先進の機能が満載でした…(すべてが正常に機能しているかまでは検証出来ませんが…要するに挙動が若干怪しい…orz)

若干の不満と言えば、電波の到達距離と付属の無線LANカードとnx9000との相性がすこぶる悪くて、カードを挿しっぱなしでは無線LANを認識せず、いちいちPCカードを取り外してから起動しないといけない問題がありました。

ゲームルーターとしての裏技 

任天堂DSにて無線通信を利用する場合、このルーターでは無印IEE802.11のDSとは下位互換性に問題があり、無線詳細設定にて送信レートを2Mbps以下に設定しないと正常に接続出来ない不具合があります。たぶん、チップセットの関係上、ファームウェアのアップデートでは対処出来ないのかと思います。(又は新製品を買って貰う為!?)

例外的に、比較的新しいDSソフトでは送信レートの設定をAutoのままでも問題ない事がありますが、テトリスの様な初期のソフトでは送信レートを落とさなければなりません。

それでは通常ノートPCと共有するにあたっては遅くて不便です。
そこで裏技なのですが、なぜか送信レートを36MbpsにセットするとDSのネット接続とノートPCにて36Mbpsの通信が可能になります。

今回はこんなところです。

製品としての完成度が未熟…アイオーは『やれば出来る子』な筈なのですが…

2008/07/09 ファームウェアがアップデートされました…
早速試してみましたが、一部の不具合(UPnPフォワード設定のアプリ名がHTML構文がそのまま表示される)は解消されず…
実は私がフレッツ東日本に繋がらないとクレームをつけたら、数ヵ月後に対応してくれたという経緯があります。
不具合の症状は数年前から出ていたのですが、『誰かが気づいて何とかしてくれる』と思って待ち続けていました…orz
(WN-G54/R2ユーザーで、東日本に住んでいて、フレッツを使っているヤツが如何に居ないかわかりました…orz)
http://www.iodata.jp/lib/product/w/1345.htm
上記アドレスで公開しています…
未完のままで、サポートはこれが最後か…


コメント



トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2004-10-01 (金) 11:23:58 (4765d)