#freeze
* LANDISK HDL-GXシリーズの電源修理 [#o2ee46db]
** LANDISKの電源故障… [#q1f0faab]
実は【HDL-GXR】シリーズを数年前から運用していたのですが、そろそろ故障してもおかしくないかな〜のと、Linuxマシンとしてなんとかならないかな〜と思い、オークションで電源故障の【HDL-GX】を落札した訳です…~

コンデンサーが泡でも噴いていれば修理も簡単!?だったのですが、目視、テスター測定でも原因がはっきりせず、(スマン、電気は素人です)代替の電源基盤も販売店が取り扱いを止めてしまい、仕方なく、スマートなやり方では無いのですが、外部電源で動作するように方針転換しました。

** LANDISK外部電源化の流れ [#xfdbe69c]

まずは、激安のIDE-USBケーブルを買ってくる。【DECA IDE-35US】約1000円なり…~
(ただし、電源の品質は…)

&ref(http://blue-water.iobb.net/image/IDE-35US.jpg,640x426,DECA IDE-35US);

電源基盤から、CPUボードへ電源供給しているコネクターを外す。~

&ref(http://blue-water.iobb.net/image/POWER12V5V.jpg,640x426,コネクターを外す);

なるべく原型を保ちたいので、ケーブルカットなどはせずに、【ピン配列変換ケーブル】等を利用して、接続する。(約500円なり…ここが一番コストパフォーマンスが悪いな…)

&ref(http://blue-water.iobb.net/image/4937925908158.jpg,640x426,ピン配列変換ケーブル);

内部はこんな感じ…(IDE電源分岐ケーブルをそのまま使っているので、コネクターに遊びがあります)~

&ref(http://blue-water.iobb.net/image/INTERIOR.jpg,640x426,HDL-GXの内部);

電源部分のアップ…

&ref(http://blue-water.iobb.net/image/POWERAD.jpg,640x426,ACアダプター);

後ろ姿…~

&ref(http://blue-water.iobb.net/image/RECOVERY.jpg,640x426,ケーブルの出口);

こんな感じです。~
本来なら電源基盤を何とかしたいのですが、パワートランジスタがやられている可能性も否定出来ないので、応急処置的になりました。~
(出力が不安定とかならともかく、12V、5V共に0Vなので…トランスの直前では100V超えでした…)~


#htmlinsert(HDL-GXkai.html)

次は『ダイナミックDNSサービス』のインストール&セットアップだな…~
(いや、その前にアパッチの制限解除とPHP5をなんとかせねば…玄箱は設定に失敗しても簡単に復旧出来たが、LANDISKは…)~

この修理を振り返ってみて、実はもっと安価に完璧な修理をする方法を思いついてしまった…orz~
(若干時間だけは掛かるので後日…)~


この記事で救われた方はコメント欄に一言!!~
----
コメント~
- 感謝! やってみます。電源からのラインはオレンジが5V、赤が12Vで良いのですか? -- [[きりん]] &new{2010-12-27 (月) 22:15:13};
- 無事、復旧しました。変換アダプタはグリーンハウスのものを使いました。 -- [[きりん]] &new{2010-12-29 (水) 13:32:06};
- おっ、復旧出来て良かったですね。最近のHDDは省電力化が進んでいるので、HDD換装もしていれば電源のスペックもあまり気にしないで良いかと思われます。次のステージはLANDISKの玄箱化かな…オリジナルの機能と共存させるのが難しい…orz -- [[Mr.Q2]] &new{2011-01-02 (日) 20:14:48};
- このサイトを拝見して電源を購入したのはいいのですがコネクタ口がオスオスとなってしまい上手くいかないですね。工作とかコツがあるのでしょうか? -- [[ナガ]] &new{2011-09-27 (火) 22:51:20};
- ナガさん、こんにちは。CPUボードから出ている電源コネクタと電源基盤がつながっているかと思いますが、電源基盤側からコネクタを外すと、メスになっており、通常のIDEの電源もメスになっているので、【ピン配列交換コネクタ、オス<=>オス】を利用して接続しました。肝心な所の写真が無くて分かりづらい解説でした。orz -- [[Mr.Q2]] &new{2011-10-09 (日) 02:13:55};
- コメントありがとうございます。おかげさまでうまくいきました。 やはり、オス<=>オス がポイントなんですね。ここはやはり自分で工作するものなのでしょうか? 私は、初心者なのでよくわからずちょっと工作してつなげてみました。 -- [[ナガ]] &new{2011-11-06 (日) 21:31:27};
- 長期運用であればメーカーにて電源基盤交換が理想的ですが、安価に修理であればハンダゴテでCPUボードに直付けが良いと思います。今回のピン配列交換ケーブルで接続は将来、電解コンデンサの交換により完全復旧の望みを残す為です。実は同型を3台所持しているのですが、電源基盤のパーツ配列が全て違います!!実は設計に欠陥があって、少しずつマイナーチェンジしているのかもしれませんね。 -- [[Mr.Q2]] &new{2011-11-07 (月) 20:54:57};

#comment_nospam

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS