MADAO UC

第一話:ユニコーンの日

会長:  『ここまで来たその気持ちに揺らぎは無いか?
      うちの負債は重いぞ、
      運営するには、この会社の負債の重みを受け
      る覚悟が、それでも…』
MADAO:『自信とか覚悟なんて無い、オレは会社に必
      要とされたいんです』
会長:  『ならば、この負債を持って逝け、
      これでもう、コイツはお前の負債だ!!
      お前をふさわしい借り手と判断すれば、銀行は
      融資を与える、
      借金返済への道も開くだろう、』
MADAO:『借金!?』
会長:  『我等が○△商事を50年にわたり縛り続けてき
      た呪縛、だが誤魔化し様によっては、この会社
      に光明をもたらす、』
MADAO:『それは?』
会長:  『経理部長はこの呪縛にお前を取り込ませたく
      無いと、私の前から…
      恨むだろう、経理部長、そしてお前も…
      だが逝け!!
      恐れるな、自分の中の可能性を信じて力を尽
      くせば道は自ずと開ける…』
MADAO:『そんな、今更勝手ですよ…』
会長:  『許して欲しい…お前とはもっと、もっと…
      MADAO、私の望みは叶ったよ…
      経理部長…』
MADAO:『父さん!!
      父さんって、オレ…今…オレの…
      私のたった一つの望み…可能性の返済…
      希望の融資…
      父さん…経理部長ごめん…オレは…
      逝くよ!!』

       /: : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : :
      /: : : : : : : :./: : : : /: : : : : : : : : : : : : :
       /:. :. : : : : :./: : : : /: : : : : : : : : : : : : : : :
     .//: : : : : : :/: : : : /: : : : /: : : : : : : |: : : : : :
    //: : : : : : : |:.:r‐、r‐、: : :/: :/: : : : : :.|: : : : :
   ./: !: !:. : : : :.r‐、! .|  |:.:/: :/: : : /: : /!: : : ! : :
   /: : |: |.: |: : : :|  i  |  |/: :/: : : /: :.:/ .i: : : |:.: :
  ./: /: |: |.: |: : : :|  |  !  !:.:/: : : /: : :/  \:. ! : : :
 //: /|: |.: |: : : :|  |  |  |/: : : /|: : /  , ィ≦!:.:.:.:.
/ /: / ヽヽ:ヽ: : イ  i  |  |: : : /.// イj } .} .|: : : /:
 .//  |\: / l.  !  !  !: :.///夂ェシノ |: : /:
./    .|:./ ./!  |  |  |: / !    ̄ ̄   ノ/:.
      |ヽ ヽ !  |  |  |/ |        /: : :|:.:
     ノノヘ. ∨.     !  ヽ   , -‐‐、/:. :.: !
    /  |         ヽニ二ン´ , ' ´|: /|:. !:.: !
        |               /    !/. !:∧: |
        |           /   ._!))/ ヽ|
        |          /ニニニ.|─‐' |
        |         /三三三| |三三|
       /        /三三三ニ=| |三三|
−─==ニニ/      /| |三三三三=| |三三|`ニニ=- 、
三三三三.|        /三! !三三三三=! !三三三三三三
三三三三.|        |ニニ! !三三三三=! !三三三三三三

MADAO:『社長である私が命じる!
      お前ら無給で働いて氏ね!!』

社員:  『イエス、ユア・マジェスティ 』

ハッ、また妄想してしまった…

誰かオレに優秀な人間になるようにギアスをかけて欲しい… [worried]


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2004-10-01 (金) 11:24:10 (4765d)